CAD・事務関連の求人で求められる一般的なスキル

CAD・事務関連の仕事はデスクワークです。CADは専用のCADソフトを使って設計図のデータを入力し、図面を作成する仕事です。建築関係をはじめ、アパレル、自動車メーカーや広告デザインといった様々な業界で活躍できる仕事です。ことに、建築業界では、一旦、大規模建設の仕事が入ると、CADオペレーターが人手不足になり、定常的に求人のある仕事となります。事務関連の仕事は、一般事務や営業事務、秘書といった種類があります。基本的なパソコン操作ができていれば問題なくこなせる仕事が多いと言われています。しかし、CAD・事務関連に共通していることは、パソコン普及や機械化等による業務の効率性の向上により、業務に対応する人員が少なくて済むことから、求人募集が常に存在するものの、募集人数が少ないというのが現状です。

資格取得しているとCAD・事務関連の求人に有利

最近のCAD・事務関連の求人は、需要はあるものの、狭き門となっています。CADは、専門性の高さから、高度な技術を必要としている仕事ですが、近年CADのソフトも常に進化している為、それを使いこなせるかが仕事を得るチャンスに直結しているようです。CADオペレーターになるために取得が必要な資格はありませんが、CADソフトを使えることが大前提なので、それに関連するメールや各種オフィスソフト、PDFの作成方法などの操作方法は一通りできていることが重要です。事務関連の仕事では、経理や総務などの仕事になると、経理では日商簿記検定、総務では社会保険労務士の資格を取得していると、求人応募の際、採用に有利になりやすくなります。普通の条件の人は沢山いますが、それにオプションとしての資格があれば、労働者としての客観的な価値も上がります。

雇用形態も範疇に入れて仕事を探そう

長年続く不況や機械化により、企業が必要としている労働者の存在意義も変化しています。固定で人員を置くよりも、その都度人材を調整して確保することでも経営として成り立っているからと思われます。CAD・事務関連の仕事においても正社員として必要な数は減っていますが、人材派遣業界では企業側の求人が常にあり、持っている資格の内容次第で、仕事内容のキャリアアップやより専門性の高い仕事をすることができるといったメリットがあります。雇用形態は不安定ですが、様々なことにチャレンジでき、働く側の仕事への新たな発見を得やすい働き方とも言えます。雇用形態を選ばなければ、CAD・事務関連の求人はたくさんありますし、狭き門とはなりにくくなります。そのためには、働く側の労働価値を高めることに資格取得は必要不可欠となると思います。

東京・大阪・名古屋・札幌・仙台・福岡などの主要都市中心に日本全国及び海外の建築・土木・設備・設計関連の求人を豊富に取り扱っています。 という方へのフォローが充実。 経験者は紹介案件の幅も広く、より良い条件をご提示可能です。 建築・土木・空調、衛生、電気設備の施工管理、設計業務の転職求人情報を掲載しています。 ブランクがある方や未経験の方でも安心して働ける教育システムが充実しています。 CAD・事務関連の求人情報掲載!!【建築求人.jp】