どうしてもCAD・事務関連の求人に合格したい人が準備すること

CAD・事務関連の求人に合格したい場合、必要な資格はありませんが、合格したいのであればCADソフトの基本的な操作の習得や、一定期間のスクールでの学習経験があれば有利です。製図や設計の知識を身につければ、キャリアアップを実現することも可能です。またオフィスソフトを使いこなすことができると、CADオペレーターの業務にだけでなく、繁忙時の対応として事務作業を任されるケースもあり、CADオペレーターと事務職を兼ねて活躍できる企業もあります。未経験OKの求人の場合、CADソフトの実務経験は求められなくとも、ある程度の学習経験や、業界に関する学科卒など、何らかのソフトや業界の知識をもとめる企業が多いです。求める人物像としては、業務を行う上での正確性やスピード感、几帳面さがあるかなどが重視されるため、意識しておくと良いでしょう。

CAD・事務関連による求人はこんな人が向いている

CAD・事務関連の求人では、どのような人が向いているのでしょうか。この仕事はパソコンの画面に向かう事が多くコツコツと地道な作業が多くなります。したがって、業務に集中して取り組む事ができる方に向いているといえます。ただ、設計者との打合せなど関連する部署と意思疎通を図る力も重要な要素です。事務作業は黙々と作業すれば良いと思われがちですが、円滑に仕事を進める為には他人と抵抗なく接する力も必要です。またモノ作りに興味があるという人も、向いているといえるでしょう。CADは設計を行うためのツールでしかありません。CADソフトそのものに興味を持つよりも、CADを使ってどんなものを設計する、デザインを行うのかに関心を持つ必要があります。設計やデザインに興味を持ち、新しい技術を習得したり、知識を深めるといった向上心を持たないと、後に大きな差が生まれてきます。

CAD・事務関連の現状と将来性

CADオペレーターは機械メーカーや建築、アパレル関連の企業などさまざまな業種で必要とされており、需要も高い職業です。しかし、ただ単にCADが操作できるというだけでは、仕事を見つけたり、継続したりするのが難しくなっている面もあるのが現状です。その理由の一つが、CADソフトの進化です。専門のCADオペレーターを使わず、設計士が手軽にCADを使うといったことが増えているため、設計やデザインを行う人とCADで図面を描く人の垣根が低くなってきているのです。もう一つは、企業側としては、できるだけ人件費を削りたいと考えている点です。したがって、CADオペレーターに対しても、雇うのであれば技術力が少しでも高い人、少しでも多く実務経験を積んでいる人が採用されやすい傾向になっています。CADオペレーターを目指す人も増えている一方で、CAD・事務関連の求人で求められるレベルは徐々に上がっているといえるでしょう。