労働環境から考えるCAD・事務関連の求人

CAD・事務関連の求人を見てもわかりますが、CADオペレーターの仕事は、今でもまだ人気の高い業種となっています。これから先も需要のある仕事として活躍していけると言われています。その理由のひとつとしては、CADは多くの業界で普及しており、これからも幅広く使用されていくと考えられているからです。一般的には建設業界で使われていることが知られていますが、実はその他にも自動車や航空機、アパレルなど世界中の多くのものづくりの業界で使われています。近年のCADオペレーターの求人では、単体での募集よりも、事務も兼ねた求人の方が多く見られます。設計士やデザイナー自身が自らCADを使い図面を起こすようになったことも要因であると考えられています。その分経費を削ることができるなどの理由からこのような体制がとられるようになったと言えます。

派遣会社を利用する方法もあります

CAD・事務関連の求人には、兼事務も含めて、CADオペレーターを募集している求人は多々あります。正社員として雇用する場合の条件は、そのほとんどがAutoCADやJw-CAD等の実務経験があることが必須です。CADの資格を持っている人は多いと思いますが、CADの性能性はどんどん上がっていて、これからも向上していくと考えられます。つまりそれを扱う人間側にも同等のスキルが求められるということです。もちろん資格はあった方がいいですが、同等の知識は独学でも得られるのでまずは知識を身につけることが大事です。ただ、資格や同等の知識を持っているだけでは強みとしては弱いです。まずは技術を学ぶために派遣会社を利用する方法もあります。派遣としてなら未経験者でも問題ありませんし、派遣会社によってはスキルアップの研修期間を設けてくれるところもあります。実務経験がなくても諦めずに派遣から挑戦する方法もあります。

事前に得られる知識は独学でも学んでおこう

先ほども述べたように、CAD・事務関連の求人にはCADオペレーター兼事務という内容のものが多く見られます。CADオペレーターとしての仕事だけではなく事務業務も行うことになるので、求められるのは一般事務で欠かせないパソコンの基本的なスキルになります。このスキルとは、主にエクセルとワードの基本操作ができるかどうかです。もし事務経験がない場合でも、CADと同じように独学で学ぶことができるので事前に知識を身につけておきましょう。CADオペレーターは決して楽な仕事ではありません。長時間パソコン画面に向き合い、細かい作業をコツコツと行うことになるので高い集中力が求められます。この作業を辛く感じず行える人は、CADオペレーターとして向いているかもしれません。これからもっと高いスキルが求められますが、需要もありやりがいも感じられる仕事です。