近年CAD・事務関連の求人にて採用意欲が高まる人物の共通点

CAD・事務関連は専門的な知識を要するため、求人も豊富にあります。CADといっても分野によって使われているソフトが違いますが、基本的な考え方は同じなので主に建築や土木といった建設関連会社や自動車、飛行機のような輸送機器メーカー、家電メーカーなど業種は多岐に渡り、活躍できる場が広くあることが特徴です。ですので、今までと同じ業務に就き知識や経験を積みたい。または新たな分野にもチャレンジし見分を広めたい。など希望があると思います。ものづくりには欠かせないCAD・事務関連の求人ですので多くありますが、その分就業希望者も多数います。その中で自分にしかない魅力を伝えることが重要となります。求人に対して何が必要で何をすべきなのが大切になります、ここではそれらについて説明をしていきますので、ぜひ参考にして下さい。

CAD・事務関連で求められるスキル

専門的なCAD・事務関連ですが、特別な資格を求められるものではないので、ソフトに対しての知識や経験が重要視されます。求人の中には未経験可能という記載がありますが、それは何においての未経験であるのかをよく確認しましょう。例えば、CAD・事務関連の求人の未経験となると、業界や業種について未経験という意味を含んでいることがあります。技能的なスキルとなると、今まで携わってきた仕事の分野や二次元CAD、三次元CADなどの使用可能なソフトなどが考慮されることがあります。近年は3Dを使った立体的な図面も使われているため、より高度な技術に応えられると強みになります。また、CAD以外にも事務関連の業務として、エクセルやワードを使う場面もあると思います。事務的な業務も併せたスキルも有利に働くでしょう。

求人側が採用したいと思われる人物像

採用をする企業側としては、即戦力になる人材を求めて求人情報を出しています。まずは電話応対や来客応対といったビジネスマナーは必須です。CAD・事務関連のお仕事は、CADソフトを駆使し、製図やデータを加工する業務が主になりますので、とても緻密な作業となります。一つのものを作り上げたいという仕事への興味はもちろんのこと、設計者のアシスタントともなりうる仕事ですので、周囲とのコミュニケーションが図れ、正確性やスピード感を持ちつつ、丁寧に取り組める人材が求められます。どの企業も忍耐力や集中力、向上心が感じられる人は好印象を持たれます。CADの知識がなく不安に思う方もいると思いますが、企業によっては基本的な実務経験があれば問題ないこともあります。自分の強みが何であるのかを考え、採用側に伝えるようにしましょう。