応募者の人柄で採用意欲が変わるCAD・事務関連の求人

CAD・事務関連の求人が将来なくなるという話をよく耳にしますが、本当の所、どうなのでしょうか。実際、CAD・事務関連の求人がなくなることはありません。なぜならものづくり業界において、必須といえる技術だからです。インテリア・建築・機械などを扱う業界においては、CADが使われていないところはほとんどありません。むしろ今後広がっていくと思われます。しかし、「CADが使える」ということが、特別なスキルを持っていることにはならないのも事実です。現に、CADが使えるだけで高収入を得たり、業績アップを図ったりすることは、ますます難しくなっています。CADオペレーターが満足できる収入を得るには、CADのスキルだけではなく、その業界ごとに必要なスキルを身に付ける必要があります。

CAD・事務関連の求人の未来予想

CAD・事務関連の求人において、CADオペレーターは「デザイナーと設計者を兼任する人材」と「事務など、周辺業務をいくつか兼任する人材」の2つに分かれていく傾向にあります。その背景には、設計士やデザイナーでありながら、CADも使える人が増加したという実態があるからです。他の人と同じくデザインや設計のスキル・知識を備えてキャリアアップを目指すか、事務などの周辺作業をアシスタントとして担当することになるかの二極化していきます。また、今後は、いずれのCADオペレーターでも、女性の活躍がどんどん増えていくことが予想されます。 まず、「デザイナーや設計者を兼任する人材」としてキャリアを積む時、純粋に技術だけで評価されるため、女性でも偏見にさらされず活躍しやすいという利点があるからです。女性にとっては大きなチャンスです。

こんな人がCAD・事務関連に向いている

CAD・事務関連の求人においては、こんな人が向いています。「真面目にスキルを磨ける人」「もの作りに興味がある人」「集中力がある人」です。CADオペレーターは、CADソフトを扱うスキルが伴っていなければまったく評価されない職業です。毎日コツコツと図面を引き、真面目にスキルを磨くことができる人でなければ続けていくことはできません。 また、どんな業界でも、CADを利用した仕事をするということはもの作りに携わるということです。建築・機械・自動車・インテリアなどそのジャンルは様々ですが、どの業界であっても、楽しく仕事をするためには、もの作りに興味があるということが不可欠です。 CADは、地味な作業が大半の仕事です。また、少し数値が違うだけで図面はその役割を果たせなくなるため、ケアレスミスは絶対厳禁です。そのため、地味な作業であってもやる気や集中力を失わないことが必要になります。